引越し手順書



  • TOP
  • 引越し業者の選び方
  • 引越し費用を出来るだけ安くする交渉術
  • 引越し業者を使わず自分で引越しをする方法
  • 忘れてはいけない引越し前の必要な手続き
  • 引越し前日、当日でやること
  • 引越しでよくあるトラブル問題
  • 引越しでどうしても出てしまう不用品対処法
  • これも忘れてはダメ。引越し後の必要手続き
  • 引越し前後近所へのあいさつと友人知人へのお知らせのしかた
  • これも忘れてはダメ。引越し後の必要手続き

    さあ、新しい生活がスタートしました。
    新しい生活を始めるために忘れてはいけない手続きがあります。
    引越しの後に忘れずに手続きをしましょう。

    市区町村の役所へ行きましょう

    1. 転入届と住民票の発行
    引越しをしてから14日以内に前住所で受け取った「転出証明書」と身分証明書、印鑑を持って、転入届を提出しましょう。その時に、住民票も発行してもらいます。住所変更の手続きで使いますので、必要な枚数を確認して発行してもらっておくと、改めて行かずにすみます。
    市内での移動の場合は「転居届」になります。転居届の提出をしておきます。

    2. 国民年金・国民健康保険やその他福祉、医療の手続き
    転入届を提出した日に手続きをしておきます。必要な書類が申請する内容で違うので前もって確認をして揃えておきます。自治体のホームページで調べることができます。

    3. 印鑑登録
    印鑑登録が必要な場合は登録する印鑑を持って転入届での提出の時に行っておきます。

    4. 犬の登録変更
    旧鑑札、予防注射票、印鑑を持参して手続きをします。申請先が保険所となる自治体もありますので、事前に確認しておきましょう。

    転入届を提出して、ようやく新しい住民になることができます。

    住所変更が必要なことはその他にも色々あります

    住所が変わると住所変更の手続きや申請が必要なことが色々とあります。
    学校や職場への住所変更のへの連絡を忘れてはいけません。
    運転免許証を持っている人は管轄の警察署へ住民票等の新しい住所を証明できる物を持って申請を行います。身分証として使うことが多い運転免許証なので、転居後できるだけ早目に手続きをするようにしましょう。
    取得している様々な資格の登録住所も変更する必要があります。転居後できるだけ早く住所変更の手続きを行いましょう。申請用紙はホームページからダウンロードできます。
    うっかり忘れがちなのが、インターネットのサイトの住所登録の変更です。
    インターネットを利用して買い物をすることが多い人は登録住所を変更する事を忘れないようにしましょう。
    前住所のまま商品を注文してしまうと、転送してもらうことができない場合が多いので、注意が必要です。
    マイページの「基本情報」設定の項目から入ると住所変更ができますので、忘れずに住所変更を行っておきましょう。
    郵便局での転送の手続きが終わると郵便物が転送され始めます。
    転送される郵便物で今後も必要と思われる送り先には住所変更の連絡と手続きを行っておきましょう。DMの整理もできますね。不要なDM送付先には送付不要の連絡をしておきます。ささやかですが、紙資源の節約になります。




    Copyright © 引越し手順書. All Rights Reserved.