引越し手順書



  • TOP
  • 引越し業者の選び方
  • 引越し費用を出来るだけ安くする交渉術
  • 引越し業者を使わず自分で引越しをする方法
  • 忘れてはいけない引越し前の必要な手続き
  • 引越し前日、当日でやること
  • 引越しでよくあるトラブル問題
  • 引越しでどうしても出てしまう不用品対処法
  • これも忘れてはダメ。引越し後の必要手続き
  • 引越し前後近所へのあいさつと友人知人へのお知らせのしかた
  • 単身引越し 荷物が少ない場合はどんな引越しがリーズナブル?
  • 単身引越し 荷物が少ない場合はどんな引越しがリーズナブル?

    引越ししたいけど、一人暮らしでそんなに大きな荷物もないし・・・高い引越し料金を支払うなんていやだ、と思う方は多いと思います。
    実際、単身引越しなら、かなりお得に引っ越しできるケースも多いので、ポイントをご紹介します。

    引越し料金 単身引っ越しで割引はないのか?

    単身引越しだから、ということで特別な割引をしてくれる、というよりは専用プランを設けているところはあります。

    引越し料金は一人暮らしだとしても、引越会社を使うと、相場として3万円前後(シーズンによってはもっとしてしまいますね)と言われています。
    中には、引越し業者で行っている単身向けの引越便や専用BOXを使っての引っ越しパックを利用するような方法での引っ越しならリーズナブルになりますよ、なんていっているところもありますが、それでも2万円を切るのは難しい印象ですね。
    この後では、もっとリーズナブルに引越しが可能になる方法として、自分で引越しをする方法をについてお話をしたいと思います。

    宅配便で済む量なら宅配便でも引越しはできる

    一人暮らしだと、荷物の量がかなり少ない方も多いと思います。
    荷物量がかなり少なく家財もそれほどない、大型家具はベッドや洗濯機くらい、なんていう場合には宅配業者を利用して、宅配便にできない分を自分で運ぶという方法も使えます。
    ただあまり遠方へのお引っ越しとなると自分で運ぶというのもあまり現実的ではありませんから、近距離のお引っ越しでお勧めの方法です。
    宅配便として、家具や家電も運んでくれる宅配便業者(家財宅配便というサービスです)もありますから、自分では運びたくないという場合でも、引越会社で単身パックを利用するより安いかどうか、比較しながら検討していただくとよいでしょう。
    この場合荷物は基本的にすべて箱詰め作業まで終わらせておく必要はあります。

    自力引越しならダンボールはどこで入手できる?

    引越し業者を使う場合には、専用ボックスを借りたり、またダンボールをサービスでもらえる場合もありますが、自力で引越しとなるとダンボールも自分で調達することになります。
    スーパーやコンビニ、ホームセンターなどが近くにあればダンボールをもらえる場合もあります。
    それでも足りない場合には、宅配便会社から購入することもできますし、ホームセンターなどでも販売しているので購入して荷造りしていくことになります。

    自力で引越しするときに気を付けるべきポイントは?

    自力で引越しをする場合自分の車で運べない部分を運ぶために軽トラなどをレンタカーで借りて引越しする方法もあります。

    近距離の引越しで荷物が少ない方は、レンタカーを借りるのがコスト削減の近道です。
    トヨタレンタカーだと、荷物量や道幅に合わせてピッタリのレンタカーを選ぶことが出来ます。
    トヨタレンタカー

    苦戦することが多いのが「洗濯機」の取り扱いです。
    水抜きをして運ぶことになりますが、再度設置するのが難しいこと、そして運ぶのにとにかく重い、ということがネックになります。
    ご友人に頼んで手伝ってもらえるという場合ならそれほど苦戦はしないでしょうけれども、一人で運ぶのはかなり難しいと思います。

    また冷蔵庫も、前日には電源をぬいてきれいにしておくことが重要です。
    水気が残っていたりするとほかの荷物に水が漏れてしまう事もあります。特に冷凍庫に氷が張ってしまっているケースは溶かすのにも時間がかかりますし、そのあとの掃除も必要になります。

    家具家電も、傷がつかないようにある程度緩衝材などを用意できていると安心ですが、大型のものですとそこまでやっていられないこともありますよね。
    冷蔵庫以外にも電子レンジなど、家電は特に壊れやすいこともありますから、注意しましょう。

    また、軽トラや2トントラックを借りて引っ越しをする場合には、「いつ借りていつ返すのか」ということを考えておく必要もあります。
    レンタカーですと時間で料金も変わってきますよね。
    作業が長引いて1日借りるなら引越し業者を使ったほうが安かった!なんていうことにならないように、しっかりプランニングしておくことをお勧めします。

    引越し業者を使うなら見積もりは訪問見積もりで!

    最後になりますが、引越し業者を使う場合には、見積もりを取るところがスタートになります。
    ここでもリーズナブルに引っ越しをするためのコツがあります。
    一括見積もりサービスというものを利用して複数の業者を一括見積するのがおすすめです。

    そのうえで気になるところをいくつかピックアップして比較し、競合させましょう。
    料金相場はあってないようなもの、というのがこの業界です。
    最初にいわれた見積もり料金通りに支払う、なんていうのはかなり損をしてしまうので、最低でも2,3社を競合させた状態で料金とサービス内容について提示してもらい、決めてください。
    格安料金でもサービスが悪かったり、結局追加料金が発生せざるを得ないようなことがないように、しっかりチェックすることも重要です。




    Copyright © 引越し手順書. All Rights Reserved.